4月の誕生石「ダイヤモンド(金剛石)」の誕生とその歴史について

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

4月の誕生石
ダイヤモンド(金剛石)

 

ダイヤモンドといえば
最も知名度のある宝石といえるでしょう。

 

さて、そのダイヤモンドの歴史について
皆さんはどれほど知っていますか?

 

「ダイヤモンドは知っているけど、、、
どんな歴史かって言われたら知らない。」

 

そんな方々へ
こんな疑問を抱いたことはないですか?

 

「ダイヤモンドって
いつからあるんだろう。」

 

「宝石として用いられたのは
いつから??」

 

もしこのような疑問を
抱いたことがあるのなら
記事を最後まで読んでいただければ
解決できます!

 

ここでは
ダイヤモンドの歴史について
どこよりも詳しく、
そしてわかりやすく解説していきます。

誕生石とは?正式な誕生石一覧【種類×意味×石言葉】

 

4月の誕生石「ダイヤモンド(金剛石)」の歴史

4℃ [ヨンドシー] 【12月誕生石】4℃エターナルシルバーネックレス タンザナイト ダイヤモンド 111614121818

ダイヤモンドは紀元前7、8世紀頃
インドで発見されたのが始まりで、
河川の砂礫から採集されました。

参考:4月の誕生石「ダイヤモンド(金剛石)」の原産地について

発見された当初は
ただ単に硬い石
として認識されていたそうです。

なので、希少性はあったものの、
宝石としての価値は
ほとんどなかったのです。

ダイヤモンドはいつから存在しているの?

プラチナ・ダイヤモンドピアス・合計0.90カラット上質SIレベル一粒ダイヤモンド 【宝石鑑別書付】【誕生石4月】 [ジュエリー]

ダイヤモンドの中に含まれる
放射性元素を測定すると、
現在分かっているもので

一番古いものは45億年前
一番新しいものは1.2億年前

にできたものだとされています。

 

世界最古のダイヤモンドは
「コ・イ・ヌール」と呼ばれ、
現在はロンドン塔に展示されています。

コ・イ・ヌールは
もともと186カラットあったそうですが、
1852年、アルバート公がカットを要請し
現在は105カラットとなっているそうです。

4月の誕生石「ダイヤモンド(金剛石)」の誕生

One&Only Jewellery 【鑑別書付】 0.7ctup 天然 ダイヤモンド 原石 4月誕生石

地球のはじまりである約45億年前
地表下120~200キロメートルの
高温高圧の地下深くに
上部マントルで形成された炭素の結晶
ダイヤモンドであるとされています。

 

火山の爆発とともに
地下に眠っていたダイヤモンドが
地表にまで一気に運ばれ、
噴出したマグマは急速に冷却され固まり、
ダイヤモンドを含んだ岩石である
キンバーライト(キンバリー岩)となりました。

 

マグマがダイヤモンドを運んできた地中の道は
パイプ状の鉱脈となり、地下深くへと続きます。

地表にできた丸くて大きな穴が
ダイヤモンドのある火道です。

しかし、この穴は時間とともに
柔らかいキンバーライトは崩れ落ちて、
噴火口を埋めてしまいます。

 

そして、
周りの土砂や岩礫などに覆われ、
数百万年という風化作用により
パイプの道は隠されてしました。

風化され砂礫となったキンバーライトは
長い年月をかけて川や海に流され、
川床や海岸に運ばれ鉱床を作り、
のちに
インドの河川の砂礫の中から発見されました。

ダイヤモンドが宝石として認められたのはいつからなの?

[シアーズ] Sears 天然ダイヤ ラブ ハート ネックレス レディース ピンクカラー ブルームーンストーン (6月) テディベア ピンク

ダイヤモンドが発見された当初は
宝石としての評価あまりありませんでした。

 

しかし、その後
インドでは早くとも紀元前4世紀ごろから
ダイヤモンドの取引を行っていたと推測されています。

一時は国の限られた資源であるため、
「インドの富裕層のためだけに」
と市場の流通も限られていた時代もありました。

 

 

しかし、年数が経過していくとともに
インドのダイヤモンドは、
ヴェネツィアの中世の市場を旅するキャラバンによって
西ヨーロッパへと運ばれ広がっていきましたが、
この時点では
宝石として用いられていたわけではなかったようです。

 

 

ダイヤモンドが宝石として扱われ始めたのが、
15世紀頃で、
「ダイヤはダイヤで磨けばいい」という方法が
1人のベルギー人によってで生み出され、
次第に宝石としての価値を
持ち始めるようになっていきました。

 

そして、
研磨技術や、カット方法の研究が進むにつれ、
ダイヤモンドの価値はさらに高まり、
現在では「宝石の王様」
と呼ばれるようにまでなりました。

 

ダイヤモンドの種類については
以下の記事でさらに詳しくまとめています。

4月の誕生石「ダイヤモンド(金剛石)」の種類をまとめました!【画像つき】

4月の誕生石「ダイヤモンド(金剛石)」の種類をまとめました!【画像つき】

世界一大きなダイヤモンド

 

1905年
トランスヴァール共和国(現・南アフリカ共和国)の
カリナン鉱山で発見された
世界最大のダイヤモンド原石「カリナン」
その大きさは

3106カラット!!!

 

原石の重さは約621g

実際の形状としては

  • 長さ11㎝
  • 幅5㎝
  • 高さ6㎝

だったそうです。

 

しかし、
ダイヤモンドの原石としては
あまりにも巨大であったため、
そのまま研磨したのでは
宝飾品として使用することができないので
大小あわせて100個以上
にカットされたそうです。

 

 

ダイヤモンドは現在も
世界各国で採掘されているので、
もしかしたらもっと大きいのが
見つかるかも
しれませんね!

こちらはダイヤモンドの原産地について
詳しくまとめています。
興味のある方は是非ご一読ください。

知っておきたい!ダイヤモンドの原産地

 

最後に

[シアーズ] Sears エンジェルキャット シルバー ネックレス レディース 4月 誕生石 ブラウン ダイヤモンド s-171-04

ダイヤモンドの歴史について
あなたの疑問が解決でき、
深く知っていただけたら幸いです。

 

ダイヤモンド(金剛石)は
「宝石の王様」と呼ばれているほど、
世界中で愛され
多くの人々を喜ばせてきました。

 

これから先も変わらず
価値のものとしてあり続ける宝石となるでしょう。

 

4月の誕生石としても
知られていますが、
婚約、結婚などの
お祝いごとにも多く用いられます。

大切な人へ贈られる際は
ダイヤモンドの宝石言葉
合わせて知っておくとオシャレです!

 

あなたの身近な宝石として
たくさんの人へ
そしてあなたへ
ダイヤモンドの魅力が伝わりますように。

 

誕生石とは?正式な誕生石一覧【種類×意味×石言葉】

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 誕生日プレゼントに、誕生石を。 , 2018 All Rights Reserved.