7月の誕生石「ルビー(紅玉)」の種類をまとめました!【画像付き】

 

7月の誕生石である
ルビー(紅玉)」の種類を
産地別でまとめています。

誕生石とは?正式な誕生石一覧【種類×意味×石言葉】

「ルビー(紅玉)」の種類【産地別】

  • モゴック産ルビー
  • タイ産ルビー
  • スリランカ産ルビー
  • モザンビーク産ルビー
  • モンスー産ルビー
  • ビルマ産ルビー
  • スタールビー

モゴック産ルビー


モゴック地方は
ミャンマーにあります。

モゴック産ルビーは
品質の良いルビーが採れる産地として有名です。

 

モゴック産ルビーの特徴は
無処理のままでも美しいという点です。

ルビー(紅玉)の種類の中でも
結晶自体が美しいという種類は
モゴック産以外ではほとんどありません。

他のほとんどのルビーの種類は
加熱処理などすることで
美しさを引き出す事が前提となります。

 

タイ産ルビー

[ブルーム] BLOOM 7月誕生石 K10 イエローゴールド ルビー ハート ネックレス BAPGB1542240

タイ産ルビーの産出量は
世界の大半を占めています。
加熱による色の改善の技術が進歩したことで
タイ産ルビーが市場にたくさん出回るようになりました。

 

ビルマが宝石鉱山を国有化した事で
ビルマ産ルビーの市場に出回らなくなったことも
タイ産ルビーが市場に多く出回るようになった理由の1つです。

 

ルビー(紅玉)の種類の中では
王道のルビーです。

スリランカ産ルビー

天然スリランカ産ルビー11.65ct

スリランカは
サファイアの主要産地として有名です。

スリランカ産ルビーは
ものによっては透明度も高く輝きもあるので
明度6以上のタイ産ルビーよりも
美しいという声があります。

 

モザンビーク産ルビー

モザンビークはアフリカにあります。
具体的には
アフリカ南東部のインド洋沿いに位置します。

モザンビーク産ルビーの歴史は
1505年~1975年まで続いた
植民地時代までさかのぼります。

モザンビーク産ルビーは1500年代に発見され
植民地時代には存在が知られていました。
しかしまだその頃は
実際的な商業利用はされていなかったそうです。

1991年の春発行の Gems & Gemology(宝石と宝石学)で
モザンビーク産ルビーが販売されていたことが
初めて紹介されました。

 

ミャンマー(モンスー)産ルビー

 

モンスーはミャンマーにあります。

もともとモンスー産ルビーは
1980年代から産出が始まりました。

モンスー産ルビーは
黄色みがかった暗い赤色をしています。

もともと宝石としては
あまり人気がありませんでしたが
モンスー産ルビーを高温加熱して処理をし
とても綺麗なルビー(紅玉)が出来上がったことで
需要が増えていきました。

ミャンマー(ビルマ)産ルビー

ミャンマー(ビルマ)政府が
鉱山を国営化したため
産出量が激減しています。

また
ミャンマー(ビルマ)は政局が不安定なので
そういった政治的な背景もあり
ものすごく入手しにくいです。

これからのことから希少性が増し
ミャンマー(ビルマ)産ルビーは
ルビー(紅玉)の種類の中でも
とても高価な種類になっています。

スタールビー


ルビーの表面に光を当てると
星型の光の筋が見られます。

ルビー(紅玉)の中で
スター効果のみられるルビー(紅玉)を
スタールビーとして種類をわけることができます。

まとめ

ルビー

7月の誕生石である
ルビー(紅玉)の種類についてまとめました。

 

 

ルビー(紅玉)については
以下の記事もオススメです。

7月の誕生石「ルビー(紅玉)」とは?【その意味や宝石言葉について】

7月の誕生石「ルビー(紅玉)」とは?【その意味や宝石言葉について】

 

 

 

Copyright© 誕生日プレゼントに、誕生石を。 , 2018 All Rights Reserved.