6月の誕生石「アデュラリアンムーンストーン」の意味や色、そして産地をわかりやすく解説

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ムーンストーンは、6月の誕生石
アデュラリアンムーンストーンは
そのムーンストーンの種類の1つです。

 

アデュラリアンムーンストーンって
どんな誕生石だと思いますか?

 

そもそも
アデュラリアンと聞いただけで
想像もつかない方が多いのではないでしょうか?

「アデュラリアンムーンストーンの色は?」

「アデュラリアンムーンストーンは
どんな国で採られているの?」

この記事では
アデュラリアンムーンストーンの色や意味だけでなく
アデュラリアンムーンストーン原産地まで
わかりやすく解説していきます。

 

6月の誕生石「アデュラリアンムーンストーン」の意味

アデュラリアンムーンストーンは
透明な石の中に神秘的な青い光が浮かぶ、
美しいムーンストーンの種類のひとつです。

希少性もあって、
人気急上昇中ムーンストーンなんです!

 

参考:6月の誕生石「ムーンストーン(月長石)」の種類をまとめました!【画像付き】

6月の誕生石「アデュラリアンムーンストーン」とは?

 

アデュラリアンムーンストーンについて調べると、
頻繁に
”アデュラリア(Adularia)”
という言葉が出てきます。

 

言葉の響きが似ているので
誤解されがちなのですが、
アデュラリアとムーンストーンは
似たような鉱物ではありますが、

まったくの別物なんです!!

 

 

アデュラリア(Adularia)とは
氷長石(こおりちょうせき)と言い、

スイスのアデュラー(Adular)地方の
サン・ゴタール(St.Godtthad)で産出したことから
この名が付けられたカリ長石の一種です。

 

ムーンストーンとは
正長石(orthoclase)曹長石(albite)との
二種類の長石によって構成されています。

これら二つの長石を
交互に積み重ねて層を作り出していくことで
ムーンストーンとなります。

ムーンストーンには特有の
アデュラレッセンス
と言われる効果があるのですが、
これはアデュラリアが
語源だとされています。

(※アデュラレッセンスについては下記でご説明します。)

 

なので、非常にややこしいのですが
長石というグループは同じでも
宝石鉱物としては別物なのです。

アデュラレッセンスとは?

アデュラレッセンスは
ムーンストーン独特の構造による
光り方のことをいいます。

ムーンストーンは単独の鉱物ではなく、
正長石と曹長石とが交互に重って層になった石で、
2つの鉱物が層になった面に垂直に光が入ると、

層ごとに光が反射され、
干渉し合うことによって
白から青の月光のような
光の効果が表れます。


その効果のことを
アデュラレッセンスといいます。

6月の誕生石「アデュラリアンムーンストーン」の色

アデュラリアンムーンストーン自体は
透き通るような透明感の高い石で、
その中に青白色の
アデュラレッセンス効果が見られる
美しいムーンストーンです。

 

高品質を見極めるポイントは
透明度が高いもの
を選ばれるとよいですよ!

6月の誕生石「アデュラリアンムーンストーン」の原産地


アデュラリアンムーンストーンは
スイスのアデュラー山脈が有名な産地です。

ここ数年では、
スイスと同じアルプス周辺国である
オーストリアからアデュラリアと同等の
美しいムーンストーンも
産出されるようになりました。

しかし、
採られる場所が増えたところで
希少性が高いことには変わりありません。

 最後に


6月の誕生石「アデュラリアンムーンストーン」。

どうでしたか?
少しでもムーンストーン
興味をもっていただければ幸いです。

アデュラリアンムーンストーンが持つ
独特の清涼感は
アルプスという土地から
来ているのかも知れませんね!

 

ムーンストーンの特徴的な光り方をする
アデュラリアンムーンストーン。

 

 

見ているだけでも癒し効果があるような
幻想的で美しい輝きをするので
見ていて惚れ惚れしちゃいます!!

 

是非、
一度は実際に見てもらいたい
ムーンストーンです!!

 

もちろん、
アデュラリアンムーンストーン以外にも
ムーンストーンにはいくつか種類があります。

興味のある方は
こちらの記事もぜひご確認ください。

6月の誕生石「ムーンストーン(月長石)」の種類をまとめました!【画像付き】

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 誕生日プレゼントに、誕生石を。 , 2018 All Rights Reserved.