6月の誕生石「黒蝶養殖真珠(タヒチ真珠)」の意味、そして産地をわかりやすく解説

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

6月の誕生石真珠(パール)」。

黒蝶養殖真珠(タヒチ真珠)は
その真珠(パール)の種類の1つです。

 

黒蝶養殖真珠(タヒチ真珠)って
どんな真珠だと思いますか?

 

「養殖ってどこで作られているの?」
「黒蝶ってことは黒い真珠なの?」
「タヒチ真珠のタヒチって?」

この記事では
黒蝶養殖真珠の色や形だけでなく、
そして養殖場所まで、わかりやすく
Amazonの画像付きで解説していきます。

 

【関連記事】

誕生石とは?正式な誕生石一覧【種類×意味×石言葉】

 

6月の誕生石「黒蝶養殖真珠(タヒチ真珠)」の意味

イソワパール 黒蝶真珠 ペンダント 8.8-12.1mm ミドルグリーン グレー シルバー スライドチェーン シルバー ミラーボール 65091
黒蝶養殖真珠は、
一般的にタヒチ真珠
または黒真珠と呼ばれていて、
南洋の黒蝶貝から生まれる真珠のことです。

 

フレンチポリネシアのタヒチ産が有名なことから
タヒチ真珠
とも呼ばれるようになりました。

また、
他の真珠に染色処理をして
「黒真珠」と呼んでいる物もありますが、
黒蝶真珠は天然の色で黒色の真珠が生まれます。

 

参考:6月の誕生石「真珠(パール)」の種類をまとめました!【画像付き】

 

6月の誕生石「黒蝶養殖真珠(タヒチ真珠)」の色

VIKI LYNN タヒチ黒真珠ネックレス 10mm天然ブラックパール 鑑別書 ジュエリーケース付き

黒蝶養殖真珠のカラーには、
光沢のある孔雀の羽をイメージした
ピーコックカラーと呼ばれている
グリーンブラック系の色が人気ですが、
年々数量が減ってきています。

他にも、

  • グリーンのタヒチ真珠
  • ブルーのタヒチ真珠
  • グレーのタヒチ真珠
  • ブラックのタヒチ真珠
  • ブラウンのタヒチ真珠
  • イエロー系のタヒチ真珠

このように黒のみではなく、
たくさんの色味があります。

6月の誕生石「黒蝶養殖真珠(タヒチ真珠)」の形

[パールマーケット] Pearl market タヒチ 黒真珠 9.0-10.0mm ピアス 14kwg 黒蝶真珠

黒蝶養殖真珠の形は、

  • ラウンド(丸型)
  • セミラウンド(O型)
  • ドロップ(しずく型)
  • バロック(変形)
  • サークル
  • ボタン
  • オーバル
  • ケシ

などなど
様々な形があります。

 

一般的には
ラウンドが良いとされていますが、
バロックなどの変形も
ジュエリーとして作り上げると
他にはない美しさや輝きがあります。

完璧な真円の真珠
大きければ大きいほど採るのが難しいため、
価値は高くなります。

 

そして、
ドロップ(しずく型)も価値が高く、
イヤリングなどのペアの真珠
形が綺麗にそろっていれば、
真円以外でも価格評価は高くなることもあるそうです。

6月の誕生石「黒蝶養殖真珠(タヒチ真珠)」の大きさ

nadi Pt900 9.0-10mm タヒチ 黒蝶真珠 パール ピアス

黒蝶養殖真珠のサイズは
7mm~18mm位までのものがあります。

サイズの大きい珠を作るためには
同じ貝を2回使います。

最初は10ミリ位の真珠を養殖し、
2回目は10ミリ以上の核が挿入され、
11ミリ以上の珠が作られるのです。

 

現在では養殖サイズの拡大化に伴い、
8~10mmといった細いサイズが激減しています。

一般的には
10mm~13mmあたりが主流で人気があります。

6月の誕生石「黒蝶養殖真珠(タヒチ真珠)」のテリ(光沢)

VIKILYNN タヒチ黒真珠ネックレス ブラックパール レディースペンダントチョーカー 冠婚葬祭 誕生石 流線型 母の日ギフト 結婚式

テリとは真珠の輝きのことですが、
真珠層の巻きが厚いほど輝きが良くなります。

 

黒蝶養殖真珠は
真珠表面からの輝きだけではなく、

内側からの深みのある真珠特有の輝きや、
力強く光沢が強いものが良質とされ、
価値が高いとされています。

6月の誕生石「黒蝶養殖真珠(タヒチ真珠)」の養殖場所


黒蝶真珠の養殖は日本発祥で、
1914年に沖縄の石垣島から始まりました。

そして、
世界で初めて黒蝶真珠の養殖に成功しましたが、
沖縄だけでの生産量はとても少なく、
ほとんど日本国内で販売された為、
世界に行き渡るまではいきませんでした。

 

1980年代に入ると
タヒチの生産が本格始動し、
その範囲は広く、
あっという間に世界中に行き渡って
産地として広まりました。

 

現在では世界に流通している
95%以上の黒蝶真珠が
タヒチで養殖されていますが、

  • フレンチポリネシア海域
  • クック諸島
  • フィジー島
  • 沖縄

などの場所でも
少量ながら作られています。

黒蝶真珠は
温かくて綺麗な海で育てられるのに
適しているということなのでしょう。

最後に

6月の誕生石黒蝶養殖真珠(タヒチ真珠)」。

黒蝶真珠(タヒチ真珠)
黒・緑・黄色の色素をもち、
天然の色ならではの
神秘的なグラデーションカラー
この艶やかな輝きには魅力がたくさんつまっています。

育つ環境によって
一つとして同じ色、形は無く、
個性的な真珠は見る人を魅了します。

 

真珠は持っているけど
シンプルなものしかない方。

人とは違う真珠の輝きや
違う色味が欲しい方。

是非、黒蝶真珠をオススメします。

 

もちろん、
黒蝶養殖真珠(タヒチ真珠)以外にも
真珠(パール)にはいくつか種類があります。

興味のある方は
こちらの記事もぜひご確認ください。

6月の誕生石「真珠(パール)」の種類をまとめました!【画像付き】

6月の誕生石「真珠(パール)」の種類をまとめました!【画像付き】

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 誕生日プレゼントに、誕生石を。 , 2018 All Rights Reserved.